Joyetech BF RBA Headをビルドしてみました。 1080 1080 福島県白河市の電子たばこ専門店スチーム|Steam

Joyetech BF RBA Headをビルドしてみました。

いつもご来店ありがとうございます。Staff Kです。アウトレットコーナー拡張!( ·ㅂ·)و ̑̑

今回はJoyetech BF RBA Headをビルドしつつご紹介したいと思います。サムネの画像から「何ぞこれ?」と思う方も居るかもなのでご説明しますと、有名スターターキットJoyetech ego AIOやクリアロマイザーCUBISシリーズに対応したコイルを自作するキット一式となります。

ややマニアックな商品ではありますがego AIOからVAPEを始めた方も多いと思うのでよろしければ最後までお付き合いください。

※本キットはCUBIS、CUBISpro、eGO AIOのみ対応しており、eGo AIO D16及びD22、AIO BOXには使用できませんのでご注意ください。

【付属品】

いきなり複雑そうなプリメイドコイルが目を引きますね!また右上のパイプはコイルを縦or横組みによって全長を調節する部品のようです。

さて、今回はこれまでのビルド経験を活かしてプリメイドコイルを完全再現してビルドします! それがこちら!!

………お、おう…

…これでも3回くらい組み直したんです。コイル足の長さは足りているのでこのまま使用します。決して断念したわけじゃありません。重要なのは味です。

片方をクランプに、もう片方を真ん中のホールに通して固定します。今回はNi80 28gaを9巻き、1.3Ωで組みましたが恐らく材質や硬さに関係なく位置の調整は難しいです。

コイルにジグやドライバーを通しながら固定しないとクランプを締めるたびに中心がずれて\( ‘ω’)/ウオオオオオオオアアアアアアアアアアアア!!!ってなります。

※ego AIOで使用する場合は抵抗値を測れませんので事前にCUBISアトマイザーとテクニカルMODで計測しましょう。

左:ビルドしたBF RBA Head 右:市販のBF-Clapton 1.5Ω

底部にピーク材と接点をセット後、ジュースホールをコイルにコットンを詰めて準備完了です。

ビルドは手こずりましたが上部からコイルやコットンの状態が確認できるのでより衛生的に使用できますね!

本体に組み込んで完成! 僕のego AIOは使用して丸2年が経ちましたがPloomTECHカプセル互換機としてまだまだ現役です。

フルーツ・スイーツ・タバコ等数種類のリキッドでテイスティングしてみましたが、フルーツなどシンプルなフレーバーに向いてますね。

ただ、普段ego AIOのみを使用している方が本キットでビルドを始めるのは…うーん。 ビルド経験者が手持ちのCUBISを再利用するにはアリな商品かと。

ややネタ気味にご紹介しましたがご興味のある方はぜひお試しください!

 

それでは皆様のご来店を心よりお待ちしております。

  • 【緊急開催】決算セールを開催いたします! 696 696 福島県白河市の電子たばこ専門店スチーム|Steam
  • 人気のピコンカーとリキッドを新/再入荷しました。 1080 1080 福島県白河市の電子たばこ専門店スチーム|Steam
  • スターターキットとテクニカルMODを新入荷しました。 1080 1080 福島県白河市の電子たばこ専門店スチーム|Steam